2009年11月11日

事務系の仕事に就くなら「簿記検定」

事務系の仕事に就くなら日商簿記1級を持っていれば比較的有利になります。


事務の仕事は全てが簿記ではないのでこの資格があったからといって仕事がうまくいくとは限りませんが、無いよりはあった方がいいです。


日商簿記2級程度であれば二ヶ月の勉強で確実に受かるレベルまでもっていけますが、日商簿記1級となればそうはいきません。


余談ですが、私は税理士試験の簿記論よりも日商簿記1級の方が難しいと感じました(~_~)



通信教育や専門学校などに通うと日商簿記1級でもおよそ半年位で受かるレベルにもっていきます。


後は試験で全ての力を出し切れるかが一番の問題です。


本番で全ての力を出し切れる人が受かる!!


当たり前の事ですがこれが重要なのです。


私自身も専門学校に通っていた頃はモチベーションが高く、試験でも全ての力を出し切ることができたのですが、最近はどんなに勉強しても、半分の力も出し切れません。


絶対に受からないといけないというプレッシャーが強いためです。



働いていると勉強する時間の捻出が難しいのです。だから、一度の勉強で受からなきゃというプレッシャーが生まれてくるのです。


専門学校の時は絶対に受かるという自信でした。それだけに専念できたからです。


話はそれましたが、日商簿記検定をもっていても損はありません。
まだ、未経験の方は一度覗いてみては?

 ↓ ↓ ↓
 簿記講座


資格を取るならLEC東京リーガルマインド
 ↓ ↓ ↓



posted by jutoo at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。